みずほの限度額を変更したいが案内がない

キャッシングベスト3

みずほ銀行のカードローンで限度額を増額する方法を教えて下さい

みずほ銀行をメインバンクにしている会社員です。学生の頃からずっとみずほ銀行なので愛着があります…って話はどうでもいいですね?でも銀行のイメージカラーや、行員さんの接客が良くて、これからも使って行きたい銀行です。実は就職試験も受けたのですが落ちました…。でもみずほを使い続けます。口座を変更するのが面倒なわけじゃないですよ。

僕の生活に密着したみずほ銀行。初めての口座開設もカードローンもここでした。学生の頃、銀行は給料の出し入れくらいにしか使った事がなかったのですが、社会人になって一度カードローンの便利さを覚えてしまうと生活になくてはならないものになりました。

カードローンには限度額があります。僕は契約当時の金額のままなのですが、社会人になり、雀の涙ほど給料が増え、それ以上に部下との飲み会が増えたということもあり、限度額の変更をしたいと思っています。しかし長年、みずほ銀行から限度額変更の案内が来ないのですが、これは僕に問題があるのでしょうか?

ご安心を!銀行から変更の案内が来ることはありません!

みずほ銀行への愛着が伝わって来て少々心が動かされました。みずほ銀行、あなたの初めてを奪いすぎです。私もメインバンクの銀行にこれくらい愛着を持てれば、もう少しお金に愛されたかもしれません。

カードローンの限度額の変更をしたいが、愛しのみずほ銀行から限度額変更のお誘いが来ない、というお悩みですね。今までのカードローンのご利用中、返済に遅れたりしたことがなければ、特に問題はないはずです。

カードローンは契約しただけで利用実績がなければ、やはり信用が積み重ねられないので、急な限度額変更は難しいです。しかし、カードローンはご利用のようですので、これも問題はないでしょう。しばしばご利用になって規定通りに返済していれば信用実績が積み上がり、みずほ銀行に信用される男になっているはずです。

ではなぜ限度額変更のお誘いが来ないのか?という理由ですが、大変単純なことです。過去、手軽なカードローンを無計画に使い、返済能力以上のお金を借りてしまう人が増えたため、国が「貸しすぎるな!」という意味で法律を制定しました。これは総量規制と言って、年収の三分の一以上の借金ができないという法律です。

あなたが総量規制には無関係な額しかカードローンで利用していないとしても、銀行側としてはトラブル回避のため、顧客の自主性に任せた方が良い、という慎重な運営をしているのです。よって、金融機関側から増額を申し出て来ることは滅多にありません。

もし限度額の増額をご希望なら、ご自分で銀行に連絡をしてみると良いでしょう。みずほ銀行を長年愛用していることはすぐに分かりますし、カードローンの利用履歴を見れば信用に値すると判断されると思います。増額には契約の時と同様、審査が発生しますが、きちんとお勤めで今までの利用状況に問題がなければ通過する可能性は限りなく高いです。

お忙しければ資料請求をしてみるのも良いでしょう。すぐに対応してくれるはずですよ。更にみずほ銀行が好きになってしまっても責任は取れませんが……。しかし、信用できる銀行があるのはとても良いことですよね。これからもみずほ銀行と良い取り引きをしていって下さいね!

(※もしローン審査が不安な時は、このサイトを一度見てみて下さい。私も参考にしている非常に濃い口な情報サイトです。)

増額の案内がくることもある?みずほ銀行のカードローン

「ちょっと小耳に挟んだことがあるんだけど、みずほ銀行のカードローンって増額の案内がくることがあるって本当なの?」

ええ、確かにそのようなこともあります。どこのカードローンにもあることですが、宣伝広告などで大々的に表記されている融資枠と、実際に自身が借入出来た金額に、けっこうな差額があるってこと、ありますよね。

特に新規申込の場合には、利用経歴がないために最低限の融資にされることが多いので、そのようなことになります。さてさて。そうなると、今度は次回以降の利用に増額をしたいと思うわけですが、みずほ銀行の場合、こちらから打診しなくても、みずほ銀行側から増額案内が出ることも珍しくありません。

では、その増額案内への近道についてお話ししましょう。借入をしたら、まずは半年以上はきちんとした利用をします。遅延や延滞は禁物です。

もしこれをしてしまった場合、銀行側はその人に対して信用を持たなくなるので、増額はまず無理です。状況次第では、次回以降の借入さえできなくなってしまいますので、ここは特に注意しておきましょう。

現在、融資枠増額は利用者が自主的に申し出る形が一般的になっていますが、みずほ銀行の場合、ATMを利用した後などに画面に融資枠の増額の案内があります。自主的に申し込む場合には、審査で落とされることも珍しくありませんが、このようにみずほ銀行側から案内があった場合にはほぼ、審査に通ると思っていいでしょう。

もし、みずほ銀行で融資限度枠を引き上げることが出来た場合、金利が低くなるので、実際に利用した金額が小さくても金利は安くで利用できるようになりますので、融資限度枠を引き上げてもらえるメリットは大きいのです。

もし万が一、いつまでも引き上げの案内が来ないという場合は、窓口に相談したり、理由を尋ねてみるのもいいでしょう。理由がわかれば、今後引き上げてもらうために必要なことがわかりますからね。

しかし、あればあるほど利用してしまうような人は融資限度枠を引き上げるようなことはオススメしません。たとえ金利が低くても、激しい使い込みをしては意味がありません。下手すれば借金苦です。「金利を低くするために融資限度枠を引き上げてもらって、低金利で賢く利用する」これができれば、みずほ銀行のカードローンはかなり便利なものとして利用できるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 まだバンクイック?アルバイトの《親バレ》対応業者はコチラ All Rights Reserved.